唯一無二の旨み

日本料理は世界で魅力的な食文化として注目されるようになりました。ヨーロッパ圏の料理とは異なる文化であり、アジア圏の料理としてもかなりの違いがあるでしょう。ヘルシーな料理という部分でも世界から注目されたところもあります。

かつお節日本料理が注目されるようになったのは、唯一無二の存在であるところもあるでしょう。旨みという第6の味を中心としているからです。ホテルでも楽しめるのも、日本人が旨みに敏感であり、休息できる時間という部分でも大切なことになっていきます。もうひとつは出汁にあることは確かであり、どこかでほっとできる根幹になってくるのは間違いないでしょう。独特の食文化であり、どこの国にもありません。この二つの要素を持っている料理は、日本料理だけだからです。どんな国でも油脂が重要な意味を持っていきますが、日本にはほぼ存在しないところも大きいでしょう。動物性たんぱく質を摂取する習慣がなかったことも影響していますが、あっさりと食べることができるかたちで発展したことが、ヘルシーな料理にもなっていったのです。

昆布とかつお節の旨みというところ日本食の特徴でしょう。これにキノコをプラスすることで、グルタミン酸とイノシン酸、グアニル酸をプラスすることができ、旨みの相乗効果も生み出すのですから他の国には存在しない唯一無二の存在なのです。